便器の破損や排水などの水のトラブル

トイレは、排水管のつまりなどによって水のトラブルが発生することもあります。このトラブルの内容がどのようなもので、どの程度の被害が発生しているのかによって、とるべき対応は変わってきます。トラブルが発生したら、まずはどのような状態になっているのかを確認し、原因を考え、適切な対応をとるようにします。また、対応の方法も幾つか考えられ、修理をする、トイレの交換をするなどの方法が挙げられます。外部からの圧力でトイレ自体が破損してしまう場合もあり、よく起こるのが便座の破損です。これは便座だけを交換することで修理することができる場合もあります。

■トイレの破損による交換

トイレが詰まって排水が流れなくなり、交換をするということはあまりありません。なぜなら、例えば異物をトイレに落として流し、それが排水管まで到達して詰まったとしても、その異物を取り除くことができれば、トイレ自体を交換する必要はないからです。そのため交換をしなければならない時というのは、便器自体が破損した時ということが一般的です。
便器が破損した場合は、自分で直そうなどとは思わず、必ず専門業者に連絡をして交換してもらいましょう。なぜなら、自分で直そうとしてますます水漏れがひどくなり、被害が拡大することもあるためです。交換も同様で、自分で交換をすることができる場合もありますが、失敗した時は取り返しのつかないことになりかねませんので、無理をしないことが大事です。

■どんなトイレを選ぶのか

トイレの交換をするときに、どんなものを選ぶかは誰しもが迷うところです。まず、種類としては通常の便座セットがあります。これは価格的には安いのですが、ウォシュレットの機能などはついていませんので、あまりおすすめはできません。次に温水洗浄機能付きのものです。温水洗浄機能付きのものには二つのタイプがあり、リモコンが壁についているタイプと、便座横の袖についているタイプが存在します。また、トイレ自体が節水できるタイプとそうでないものもありますので、これも選択する際の一つの目安になります。さらに便器そのものを常に自動で洗浄してくれるようなタイプも発売されています。これらはそれぞれに値段が異なりますが、ポイントとしてはリモコンの位置、袖付きかそうでないかで考えると選びやすくなるでしょう。

■まとめ
排水などの水のトラブルによってトイレの交換を余儀なくされることはあまりありませんが、破損をするとどうしても交換せざるを得なくなります。便座などを含めて交換をすることとなりますが、この時に注意するのが、自宅の便器に合うかどうかということです。今はウォシュレット付きや蓋の自動開閉、脱臭機能などが付いた便座もありますので、適切なものをよく見極めて、自分で取り付けることができるかどうかを判断しなければなりません。もし、少しでも難しいと感じたら、無理をせずに専門業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ