ウォシュレットなど水周りでの水のトラブル

水のトラブルはトイレ本体のみで起こるわけではありません。水周りにあるウォシュレットなどでもウォシュレット 水漏れなどのトラブルが発生します。ウォシュレットは電気機器であるため、放置をしないよう注意するようにしましょう。水によるショートで思わぬ事故が発生することもあります。
ウォシュレットでよくある水のトラブルは、ノズルから水が漏れているという内容です。自分で修理できそうにも思えますが、実際に修理しようとすると意外と難しいものです。トラブルが起こった際の最低限の対処法がありますので、覚えておくと役に立ちます。

■ウォシュレット 水漏れのトラブル対処法

ウォシュレット 水漏れを発見したら、まず最初にするのは水が流れているのを止めることです。トイレ内に止水栓というものがありますので、これを締めることで水漏れは止まります。止水栓がどこにあるのか分からなかったり、あるいは止水栓がきつくて締められなかったりする場合は、水道の元栓を締めます。ただし、元栓から閉めると、家全体の水の供給がストップしますので注意が必要です。水が止められたら、次にすることは電気のコンセントを抜くことです。コンセントを抜くことによって、以後感電の危険はなくなりますし、被害もこれ以上は拡大しません。

■ウォシュレットのノズルについて

ウォシュレットのノズルから水が漏れているというのもよくあるケースです。水が出続けると誰しもが慌ててしまいます。しかし、ノズルの水漏れは故障ではない場合もあります。例えばリモコンの電池が切れていることも考えられます。もしリモコンボタンを押しても水が止まらなかったり、動かなかったり、あるいは反応が鈍い場合には、一度電池切れを疑ってみてください。
次に、電池交換で直らない場合は、ノズルの弁の故障が考えられます。ノズル内には水をコントロールする弁があり、その不具合がそうしたトラブルを引き起こすのです。弁は電気で動いていますので、修理は自分ではできません。すみやかに専門業者に依頼しましょう。
ノズルが引っ込まなくなったというトラブルもよく起こります。これはノズルを動かすスプリングの故障が原因です。スプリングが伸び切ってしまうと元に戻らなくなります。手で押し込むと直ることもありますが、直らなければ業者に頼むべきです。

■まとめ
ウォシュレットのような水周りのトラブルは、自分で直すことが困難な場合が多いです。まずどこの故障なのか確かめてみて、それが手で押して直るような簡単なものなら、自分で直せる場合もあります。それ以外の事例だと自分で修理を行うのは難しいことが多くなるので、早急に業者へ修理を依頼するようにします。水漏れなどが起きているトラブル箇所を特定し、現在の状態、いつからか発生しているのかなどを業者に知らせましょう。そうすることで、修理のスピードもアップしますし、料金的にも負担を抑えられるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ